ブレイブ ストーリー コレクターズBOX (初回限定生産)

トップページ > アニメ > ブレイブ ストーリー コレクターズBOX (初回限定生産)

ブレイブ ストーリー コレクターズBOX (初回限定生産)

ブレイブ ストーリー コレクターズBOX (初回限定生産)

ブレイブ ストーリー コレクターズBOX (初回限定生産)
定価: \9,800
販売価格: \7,350
人気ランキング: 115位
おすすめ度:
発売日: 2006/11/23
発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
発送可能時期: 近日発売 予約可
???11歳の平凡な少年ワタル(声・松たか子)は、ある日クールな転校生ミツル(声・ウエンツ瑛士)が不思議な扉を開けて中に入っていくのを目撃する。扉の向こう=幻界(ヴィジョン)へ行けば、一つだけ願いが叶うのだとミツルはいう。そんな折、ワタルの父が失踪し、母は心労で倒れてしまった。家族を再生させるべく、ワタルはその扉を開けるのだが…。
???宮部みゆきの同名小説を原作にしたファンタジー・アニメーション大作。デジタル映像センスに定評のあるGONZOが制作を担い、さすがの画のクオリティを保ちながらファンタジー世界を巧みに構築しており、千明孝一監督の演出も手堅く好感は持てるが、今ひとつ映画ならではの飛躍感がほしかったというのが実感である。声優初挑戦の松たか子はなかなかの熱演であった。(増當竜也)
また見たくなりました…!
ブレイブストーリーDVD化!映画上映から結構早いですね。

私は原作を知らないで、映画館での上映予告を見て、「面白そう!」と思い、見に行きました。
やや物足りなさを感じたものの、楽しめました。原作読んでなくても理解できます。
声の方も、松たか子さん、ウエンツ瑛士さん、大泉さんなど全然違和感ありませんでした。お上手です。

私的に最後の方のある一部分が劇場版EVANGELIONまごころを君にのラストとかぶってるかも、と思いました。
でも、単なる私の思ったことなので特に気にしなくていいと思います!

一度映画館で見て、時間がしてからまたみたいな?っと今思っています。はい、みたいです!
また見たくなる作品なので、DVDこれはオススメです!

再びあいまみえるときまで
映画を観て、感激して、原作も買いました。映画版に関しては、4回、観ました。
お台場冒険王にも足を運びました。それだけ衝撃を与えてくれた映画です。
もちろん原作には涙しましたし、映画ではカットされたり改変された部分を寂しく思わないわけではないですが!
2時間足らずの映画であれだけの表現が出来たのなら、良い出来だったと思います。
ラストは…原作版の方が私は好きですが、子どもも楽しめるように、と、夏休み封切りであったことも考えれば、ハッピーエンドってことでよかったのかな、と。
声優陣も、主役勢の声は全く違和感なく聞けました。松さん然り、ウエンツ然り。

良い、映画だったと思います。(連れ曰く、「女性子ども向けだろう」とのことですが。)
勇気と冒険と家族とほんのちょっとの恋心が詰まったお話です。気に入った方は原作もどうぞ!

原作は読んでいません
が、劇場で見て感動しませんでした。というか何も感じませんでした。
フジテレビがジブリ×日テレに対抗したアニメの映画ですが、

まずストーリーについてですが、原作を生かせていないだろうと思える演出
(あれだけ厚い本なら削除される部分もあるのは当然だと思いますがテーマだろうな、と思っていた部分が埋もれていき、冒険の中盤をバッサリで感情移入できないままラストに向かいます)

絵において、仕事丸投げのGONZOさんらしく最後のテロップには中国か韓国系の名前が多々ありました。彼らの技術がどうとかではありません。海を越えて発注し、たくさんの人が同じキャラクターを書くのです、誰かちゃんと現場を指揮する人は行ったのでしょうか?
明らかにさっきの場面と顔が違うと思える所が多々あります。
さらにキャラクターにおいても絵柄がなんとなく統一されていなくて気持ち悪いです。
(猫の女の子とポポロクロイスのような王女)

そして印象にも残らない音楽

ひとつもいいシーンだとか絵が綺麗だとかいい音楽だとか思いませんでした。

ある意味よくこんな映画をCMしまくって全国で公開したな!って褒めてしまいます


結局、何が言いたいかというとまずはレンタルで見てから買ったほうがいいのでは?という事です。



詳しくは下記をクリック
      
ブレイブ ストーリー コレクターズBOX (初回限定生産)
アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org