東京ラブストーリー DVD BOX

トップページ > 日本ドラマ > 東京ラブストーリー DVD BOX

東京ラブストーリー DVD BOX

東京ラブストーリー DVD BOX
鈴木保奈美
東京ラブストーリー DVD BOX
定価: \20,790
販売価格: \15,972
人気ランキング: 7926位
おすすめ度:
発売日: 2001/09/19
発売元: ポニーキャニオン
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
???1991年にフジテレビ系列で放送され大ヒットした、柴門ふみの同名作品を原作としたドラマの全12話を4枚のディスクに収録したDVDボックスセット。本編放送終了後に放映された総集編的特別番組の撮り下ろし部分も映像特典として収録している。
???東京に出てきたばかりのサラリーマン・永尾完治(織田裕二)、その同僚で常識にとらわれない自由奔放な女性・赤名リカ(鈴木保奈美)、完治の高校時代の親友でプレイボーイの医学生・三上健一(江口洋介)、同じく2人の親友で完治の長年のあこがれの女性・関口さとみ(有森也実)。この4人が織りなす恋愛模様を描く、恋愛ドラマの現代の古典。小田和正による主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」も本作同様に大ヒットした。(田中 元)
純愛物語の思い出と現実感の喪失
 確かにこれほど純愛の大切さを教えてくれる作品もないでしょう。ただ、私自身はこの作品により身を滅ぼされたような気さえしています。だって、下らないカップル、下らない夫婦っていっぱい居ますからね。その下らなさは単純な愛によって贖われるものではない、もっと、他にもいろんな大切なものがあるということが分かっているかどうか、はっきり言ってしまえばどうしようもない現実の下らなさを我慢できるだけのものを他にいろんなかたちで持っているかどうかになると思います。下らないものを下らなくないものにできる純愛はそうそうあり得ないと思っています。

いいのは小田和正の唄だけ
 日本のテレビドラマが変になっていったのはこのあたり(90年代に入って)からだろう(脚本がつまらない)。 
 その前までは、良いテレビドラマが沢山有ったのに、突如としてミョーな作品が雨後のタケノコの如く出てきた(見てて5分とモタナイ)。「なんじゃこりゃ…」の世界。2人の世界(自分達の世界)ドップリで、周りが見えていない。そりゃ恋とは2人の世界と言えなくもないが、2人だけでは(自分だけでは)ないのだ。それにしても・・・掴み所がない。2人の(自分達の)都合で付いたり別れたりの繰り返し。ま、色々有るが、どうにも全体として捉えどころがない。何が正しいのか分からない。行き当たりばったりで「味わい深み」が無い。男に芯が無いし(女に振り回されっぱなし)、纏まりも無い(皆勝手なことばかりやる・収拾つかない)作品だと思う。「恋愛ごっこ」なのだ。本当の恋とは何なのか当人らが分かってない様子。正に「…ごっこ」。「本音で喋ろう」と言っても何が本音なのか、当人たちがよく分かってないような感じ。

 所謂「トレンディー・ドラマ」と言われるこれら一連の作品は、一番最初はフジテレビの「アナウンサーブッツン物語」あたりだったが、最初の一、ニ作は本当に出来が良かったのに、その後を受けて作られた三作、四作が「突然変異にように」変わってしまった。それまでとは全く異質なのだ(アナザ・プラネット「他の惑星」という意味)。まさに「なんだこりゃ!?」だ。一体何が有ったというのだろう…

 (ただ、小田和正の唄「だけ」は物凄く良かった)

見方を変えると
いい女ですよねー。
一緒にいると楽しくなるだろうなと思う。
そう思ってこのドラマを見ればいいけど、男はこの女に興味が始めから
なかった。
女は男に夢中で懸命に口説いたけど結局振られてしまった。
男はもう一人の女が始めから好きで、男にしてみれば幸せな結末になった。
女は彼にとっては魅力的ではなかった、という話。
あんないい女を・・なんて端で騒ぐことではなくて、テレビドラマとしては珍しく、あくまで振られてしまったというだけのドラマだった。



詳しくは下記をクリック
      
東京ラブストーリー DVD BOX
アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org