ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産)

トップページ > 映画 > ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産)

ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産)

ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産)
トム・ハンクス
ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産)
定価: ¥9,980
販売価格: ¥7,984
人気ランキング: 6位
おすすめ度:
発売日: 2006/11/03
発売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
   パリのルーブル美術館で発見された館長ソニエールの死体。この事件で警察から協力を求められたバーバード大のラングドン教授だったが、じつは容疑者のひとりでもあった。死体の回りの不可解な暗号、レオナルド・ダ・ビンチの“ウィトル・ウィウス的人体図”を模したポーズの死体は謎に包まれていたが、ソニエールの孫で暗号解読官のソフィは彼が無実であることがわかっていた。そしてソフィーは死体に隠された暗号の謎を追って、ラングドンと美術館を飛び出す…。
   世界的ベストセラー小説の映画化。監督は『ビューティフル・マインド』のロブ・ライナー、主演はトム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ポール・ペダニーと豪華な面々。映画は小説に忠実に描かれ、衒学的な原作の持ち味を損なわない知的ミステリーに仕上がっている。ふたりが謎を追って大移動するたびに、次第にひもとかれて真相に近づいていく様子は興味深い。またフランス、イギリスでの大がかりなロケ、ルーブル美術館内部の映像など、ビジュアルにも圧倒されるはずだ。(斎藤 香)
結構面白かった。おすすめです。
原作は愛蔵版も文庫も持っていますが、敢えて詠みませんでした。とゆうのは、やはり原作にくらべ映画はどうしても省略するため不満の残る内容になるからです。
そこでレンタルで普及版のDVDではじめてみました。(映画館ではみていません。)
私の感想としては、よかった。ある程度この手の話は興味があったので予備知識ありの立場ですが、すばらしかったと思います。テンポもよいので飽きさせませんでした。出演者もそれぞれクセありで楽しませていただきました。これで原作本も読む楽しみが増えました。
予備知識なしで見ると、疑問が多くつまらない方もいることと思いますが、勉強してみるか・みてから勉強するかしたほうがよいと思います。単なるミステリーではありません。奥深い内容です。これからエクステンデットエデイションの25分が楽しみです。ワクワクしています。

終始恐ろしい作品、ホラー映画のよう
テレビの予告編を見て、面白そうだったので映画館で見てきました。
お友達のシスターと観に行きました。当然のことながらシスターは「こんなことあるわけないじゃない、マリアが妊娠していたなんて」と憤慨していました。
全体的に暗い感じで、音楽もダークな感じでした。しかしハラハラドキドキ感は最高潮でした。
最後のトムハンクスの演技を見て、「嗚呼、こういうオチなのか」と思い、2時間半という時間の中で、良くこれだけまとめたなあと感心しました。
拷問シーンなどもありちょっと怖いですが、見て損は無いと思いますよ。これを見て、宗教観が変わった方も多いと思いますし。
お暇な方は是非購入してはいかがでしょうか。




豪華!ありえない安さ!
アポロ13などでコンビを組んだトム・ハンクス主演、ロン・ハワード監督作品。スタッフもキャストも実力者揃いなので一級のサスペンス映画に仕上がっていました。しかし、原作の内容が濃いだけに短い上映時間ではスピード感はあるもののダイジェストっぽい点が気になりましたのでエクステンデッド版が発売になることを嬉しく思います。値段も限定BOX、メタル製のクリプテックス、ラングドンメモのレプリカにエクステンデッド版と特典ディスクがついてこの値段とは非常に安く感じます。再編集されることでより深みのある内容になることでしょう。シンデレラマンなどヒューマンドラマでの実力のあるロン・ハワード監督だけにどのように変身を遂げるか期待大です。



詳しくは下記をクリック
      
ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス (完全初回限定生産)
アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org