男たちの大和/YAMATO 限定版

トップページ > 日本ドラマ > 男たちの大和/YAMATO 限定版

男たちの大和/YAMATO 限定版

男たちの大和/YAMATO 限定版
反町隆史
男たちの大和/YAMATO 限定版
定価: ¥ 8,190
販売価格: ¥ 6,143
人気ランキング: 13位
おすすめ度:
発売日: 2006-08-04
発売元: 東映
発送可能時期: 近日発売 予約可

2005年4月。鹿児島県の漁師・神尾(仲代達矢)はかつて戦艦大和の沈んだ地点まで一人の女性・内田真貴子(鈴木京香)を連れて行くことに。かつて大和の乗組員であった神尾は、およそ60年前の、あの戦争の日々を思い起こしていく……。辺見じゅんの同名ドキュメント小説を原作に、『新幹線大爆破』『未完の対局』などの巨匠・佐藤純彌監督が手がけた戦争超大作。実寸大の大和を建造しての撮影はリアルな迫力に満ちており、また当時の若者たちの厳しく熱く、そして哀しい青春群像が魅力的に綴られるとともに、組織と個人の関係性にこだわり続ける佐藤監督ならではの鋭い軍隊批判が垣間見られていく。戦時下の女性たちの描写もさりげなく描かれているのもいい。戦闘シーンの迫力は日本の戦争映画で最大規模のものであろう。その上で60年後の現代と対比させながら、明日への希望を示唆する構成も大いに功を奏しており、まさに今の時代ならではの深く温かい人間ドラマの傑作として屹立している。(増當竜也)
国家を継ぐ者として必見。

日本が自ら切り開いたはず新たな戦術展開に乗り遅れ、
既成事実の巨砲主義の呪縛から逃れられなかった悲劇の物語です。

そこで生き、死んでいった人々の気持ちがどうだったのか、
平和な時代しか知らない我々には到底わかるものではないでしょう。

この作品を見ると、
ただ、漫然と言われる続ける平和主義や、
日本が犯したと声高に言われる「罪」というものに
疑問は感じざるを得ません。

軍部上層部の意向はどうであれ、
末端で働く人々、命をかけた人々、
それを見送る国民の心の中には
「ただ、家族を守りたい」
「一分一秒でも敵の侵略をくい止めたい」
という思いがあったのではないでしょうか。

あえて孤高の死に赴く息子を抱きしめる母親シーンには、
涙をとめることが出来ませんでした。

そうしても守りたい日本があったということを、
現代日本人は忘れてはいけないと思います。

「生きる」とは誰かに、何かに、妥協しながら曖昧に生命を永らえることではなく、
自尊心を持ち、凛とした姿勢を保つことだということを教えてくれる作品です。




二回観に行きました。
この映画は、泣けます。感動とかゆう類のものではなく、人間関係の切なさや尊さに、自然と感情移入してしまいます。また俳優人の演技にも、鬼気迫る物があり、臨場感がでています。是非、観る価値があると思います。

戦争映画と思わずに見てほしい
戦争映画だから…とか、そういった理由で映画館での上映を見逃した人にこそ見てほしいと思います。
戦争が良い・悪い…そういった以前の問題がこの映画では描かれています。
私はこの映画を見てから、何気ない日々がすごく幸せに感じるようになりました。
食事が毎日食べられる、友達と笑い合ったり、大好きな人にも甘えられる。
そんな日々が今在るのは、何のおかげなのか?この映画を見れば分かるはずです。
平和に麻痺している若者や、戦争映画を毛嫌いして見ようとしない人に、ぜひぜひ見てほしいです。
絶対に”感じる何か”があると思います。

アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org