蟲師 第ニ集 (初回限定特装版)

トップページ > アニメ > 蟲師 第ニ集 (初回限定特装版)

蟲師 第ニ集 (初回限定特装版)

蟲師 第ニ集 (初回限定特装版)
馬越嘉彦
蟲師 第ニ集 (初回限定特装版)
定価: ¥ 11,970
販売価格:
人気ランキング: 6261位
おすすめ度:
発売日: 2006-03-29
発売元: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発送可能時期:


絶対損はしないです
私はアニメをなめていた…。蟲師のアニメをみてそう思いました。
原作が大好きだったので、アニメになったらあの世界観はボロボロに崩れてしまうかもしれないな…と危惧していました(同じように思っていた方も多かったはず)
…がっ…それは映像をみてすべて飛びました。
こんなに素晴らしいアニメそうそうないです!!もうすべてが良い。色が良い。音が良い。声が良い。
世界観も全然崩れてない…どころかさらに魅力が引き出されていました。
生まれて初めてDVDが本気で欲しいと思い、購入しました。
アニメ終ってしまったの残念すぎます…!

すばらしい!
今までのアニメ化は必ずといっていいほど原作にはないオリジナルがついてきて私はそれが原作のイメージを壊してしまうので大嫌いでした。この蟲師はオリジナルが多少あるとはいえ原作のイメージをまったく壊していない!!声優も違和感なく申し分ないです!!音楽も世界観を広げもう買いです!!

ここから蟲師にはまりました。
第1集の方に作品全体の感想のようなものを書かせて頂きましたが
第2集の収録作品も変わらず素晴らしいものばかりで、月末の発売が待ちきれません。

もともと、ファンロードという雑誌に載っていた「蟲師」の前身の漫画(短編集に収録されてます)しか
知らず、ふと番組表で見つけた「蟲師」というタイトルでその漫画を思い出し、
気まぐれに録画したのが、第2集内の1話目「柔らかい角」・2話目「枕小路」でした。
観たとたんひきこまれてしまい、その日は何度も繰り返し観て、漫画も買い揃え、現在に至ります。

この2話の特徴は、対処法などが不明の蟲に主人公ギンコがどのように向き合うのか、という
ストーリーかと思います。(実はこの2話に限らず、第2集全体の特徴ともなっています。)
「柔らかい角」の雪里、、「旅をする沼」の、山中から海への水の流れ、
「露を吸う群」の孤島(『蟲の時間』描写との対比がまたなんとも言えず!)…といった
特殊な舞台の中、ギンコが蟲と出会い、関わってしまったヒトと出会い、どう解していくか。
原作の魅力といっていい部分ですが、アニメの映像と音響があいまって
これらのドラマが十二分にいかされた仕上がりになっていると感じました。
(あと個人的に、「雨がくる虹がたつ」をカラーで観られたのはよかったなぁと(笑)
蟲師をご存知ない方には、第1集とあわせてお勧めしたいです。
…ちなみに、パッケージイラストは『囀る貝』でしょうか…(コミックス6巻収録)。

余談ですが。流石に放送時間的に生で観るのは辛いので録画していたのですが
蟲師放送前は寝たくっていた日曜早朝に起き出して、薄暗い澄んだ空気の中で観るのは最高です。
そして不可思議な雰囲気を抱えたまま日曜が始まるのですが(汗)。
…そんな生活も今週末(第20話)で終わると思うと寂しい限りです。
そんなわけで、DVDも日中慌ただしい時間に観ない事をお勧めします。

アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org