キェシロフスキ・コレクションIII 「愛に関する / 殺人に関する短いフィルム」セット

トップページ > 海外ドラマ > キェシロフスキ・コレクションIII 「愛に関する / 殺人に関する短いフィルム」セット

キェシロフスキ・コレクションIII 「愛に関する / 殺人に関する短いフィルム」セット

キェシロフスキ・コレクションIII 「愛に関する / 殺人に関する短いフィルム」セット
クシシュトフ・キェシロフスキ
キェシロフスキ・コレクションIII 「愛に関する / 殺人に関する短いフィルム」セット
定価: ¥ 7,980
販売価格: ¥ 7,980
人気ランキング: 23466位
おすすめ度:
発売日: 2003-12-05
発売元: ジェネオン エンタテインメント
発送可能時期: 間もなく入荷します。ご注文はお早めに。商品はご注文いただいた順番にお届けします。

クシシュトフ・キェシロフスキ監督が、母国ポーランドでTV用連作短編として作り上げた「デカローグ」は、聖書の十戒からテーマを借りた10編からなる。その中の第5話、第6話を、再編集して劇場用長編としたのが、このBOXセットに収められた「殺人に関する短いフィルム」と「愛に関する短いフィルム」だ。
ある若者がタクシー運転手を殺害し、死刑に処されるまでを、若者、運転手、そして弁護士の人生を交錯させながら描く「殺人~」。完全に冷酷なわけではない殺人者、まったくの善人ではない被害者、自らの無力と世界の無情を嘆くほかない傍観者。観客のいかなる感傷をも一撃で破壊する、殺害シーンの、そして処刑シーンの衝撃が胸に残る。
アパートの向かいに住む美しい年上の女を、望遠鏡で覗き見する青年。やがてそれが露呈したとき、何もいらない、ただ愛していると言う青年に対し、女はその心を貶めるような行動を取るが…。愛とはかけ離れているように見える行為の顛末を通して、しかし愛としか呼べないものが浮かび上がる「愛~」。覗き、覗かれるという関係の中でのみお互いを慈しみあえる2人の孤独が、切ない余韻を残す。
「殺人~」がカンヌ映画祭で審査員賞などを受賞したのをはじめ、各国の映画祭で高く評価され、キェシロフスキの名を広く世に知らしめた傑作2本だ。(安川正吾)
音楽も映画もポーランドでしょ!
同国は天才監督が多いようだ。
ロマン・ポランスキ、アンジェイ・ヴァイダ・・・・。
このキェシロフスキもその一人。
このセットは、彼の名を一躍世界に知らしめた「十戒」をテーマとした10篇の短編映画集『デカローグ』の5、6篇目『ある殺人に関する物語』『ある愛に関する物語』を長編に仕立て直した両篇を収録したもの。

余談ながら、キューブリック監督は「この20年間で真に傑作と呼べるものを一つだけ挙げろと言われたら、迷わず『デカローグ』と答える」と言っている。
『殺人』の方は衝動的にタクシー運転手を殺害する青年の、『愛』の方は向かい合わせた2つのアパートに住む覗く少年と彼に覗かれる女性の物語。

特に前者の7分に及ぶ運転手殺害シーンと10分に及ぶ青年の死刑執行シーン!は世界に衝撃を!与えた。
「ポーランドの政治や生活事情を匂わせるような作品は作りたくなかった」と語るキェシロフスキの目論見どおり、両篇とも普遍的な人と人との綾の微妙さ、繊細さをひしひしと感じさせる名篇となっている。

彼の作品は格別撮影上の技巧を凝らしたものではないにもかかわらず、常に新しい。
彼が、人間の関係が生み出すよもよもこそがいつの世も不可解で、あらゆるタイプのドラマを生み出すことを鋭く見据えていたからだろう。

アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org