ストロベリー・パニック Special Limited Box 1 初回限定版

トップページ > アニメ > ストロベリー・パニック Special Limited Box 1 初回限定版

ストロベリー・パニック Special Limited Box 1 初回限定版

ストロベリー・パニック Special Limited Box 1 初回限定版

ストロベリー・パニック Special Limited Box 1 初回限定版
定価: ¥ 4,935
販売価格: ¥ 3,859
人気ランキング: 446位
おすすめ度:
発売日: 2006-06-23
発売元: メディアファクトリー
発送可能時期: 通常24時間以内に発送


マリみて+萌え÷2?
マリみての古風さや本格派のイメージに加え、近年流行の萌え要素をしっかり取り入れた作品。作品の雰囲気やストーリーを壊さぬ程度に萌えや百合要素を入れている点が、マリみてと比べて凄い点。だが百合作品としての雰囲気は若干軽くなってしまったので、そこでマイナス一点です

余り深くこだわらなければ、結構楽しめますよ
百合的世界観が醸し出す独特の美学や、構成要員が美少女のみと言う特殊なコミュニティー内で繰り広げられる風変わりな恋愛模様を愛でる趣味は全くありません。「キャスティングが極めて自分好みである」というただ一点のみでシリーズ購入を決めました。半ば「地雷かも…」という覚悟をしていたのも事実です(笑)。
視聴してみた感想ですが、思いの外キャラクターはしっかり練られていると言う印象ですね。まだまだ冒頭部分なので、渚砂、玉青、静馬という三人のメインキャラを紹介するといった内容のみで終わっていますが、渚砂の明るさ(及び「いじられキャラ」的天然さ)、玉青の一途さ(及び「いじり」を楽しむしたたかさ)、静馬の怪しさや危うさを伴った美しさ等がしっかりと描き出されており、彼女等が紡ぎだしていくであろう今後の物語に充分興味を持たせるだけの内容だったと思います。それぞれの声優さんもイイですしね。
ストーリー的には、高尚な百合美学や許されざる禁断の愛を描く…といった雰囲気はまるっきり無く、美少女オンリーによって繰り広げられるありえない恋愛模様を、極当り前であるかの様に軽いタッチで描いていると言う印象です。男のいないハーレムアニメと言ったところでしょうか。深い耽美感や背徳感、百合系独特の雰囲気などを期待していると肩透かしを食らいますのでその点注意が必要ですね。
狙いがはっきりしている分、好き嫌いは分かれそうですが、余りこだわらずに視られる方なら楽しめると思いますよ。ただエンディングは少々問題。誤解のない様に書くと、私は中原麻衣嬢も清水愛嬢も声優として高く評価していますし、お二方とも非常に美しい女性だとも思っていますが、何故アニメのエンディングのお二方のビデオクリップを持ってくるのか理解に苦しみます。ファンサービスのつもりでしょうが、喜ぶファンはかなり限定されると思いますよ。"声"と"役者"は別ですからね。

軽くたのしめる
キャラは可愛いけど作画はそこそこ。
軽く百合を楽しめる作品。だからストーリーにあまり奥深さはない。あっさりしている。

EDに秘密ドールズのPVがいちいち流れるんだけど、あれは気持ち悪い。
ほんとマジやめてほしい。アニメでEDをつくってほしかったのに。

アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org