宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX VI

トップページ > 韓国ドラマ > 宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX VI

宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX VI

宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX VI
イ・ヨンエ
宮廷女官 チャングムの誓い DVD-BOX VI
定価: ¥ 15,120
販売価格: ¥ 11,616
人気ランキング: 217位
おすすめ度:
発売日: 2006-02-22
発売元: バップ
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

16世紀初頭、朝鮮王朝の時代。幼い頃に両親を亡くしたチャングムは、母の遺志を継いで宮廷の料理人となる。やがて陰謀に巻き込まれ追放の憂き目にあうが、彼女はそこから医学の道を究め……。史実にも名を残す実在の女性をモデルにした、韓国版大河ドラマといった趣の時代劇作品だ。主演は映画『JSA』でもその美しさが印象的だったイ・ヨンエ。
謀略渦巻く宮廷の中で、それでも真心を重んじ、自らの力で人生を切り開いていくチャングムの姿が快い。誠実な語り口にほどよいケレン味が加わった物語運びも実に絶妙。次から次へとチャングムにふりかかる苦難と、その顛末から目が離せなくなる。
本作は本国・韓国でも大ヒットし、宮廷料理ブームを起こしたという。食や東洋医学に関するエピソードを通じて、韓国文化の奥深さも知ることができる傑作だ。(安川正吾)
近くて遠い隣国の歴史
NHKの地上波で1話から見て、あまりの面白さに我慢できず、DVDを借りに行ったところ、いつも貸し出し中で、とうとう全巻購入してしまいました。隣の国なのに殆ど歴史を知らず、高句麗、百済、新羅、秀吉の朝鮮出兵、日韓併合程度の知識しかなく、ポッカリ空いた韓国の時代の話でした。中国との関係、儒教思想、身分制度、色々勉強になりますし、毎回ハラハラする終わり方で、次回が気になるストーリー展開で、よくできた脚本です。おしむらくは、NHKの放送時間に合わせて編集、カット部分が多い事、邦訳が(NHKだから?)差別用語を極端に気を使っているので、少し物足りないかもしれません。しかし、それを引いてもなを、チャングムのサクセスストーリーは目が離せません。
宮女編では、宮廷料理、宮廷生活は興味深く、済州島編では奴婢という身分、医女編では、漢方また無念に散ったハン尚官の復讐を姦計を行うことなく真正面から身分を回復する様。全編を通して貫かれるミン・ジョンホとの深く信頼に満ちた長い愛。親友との愛。養父母の愛。師弟愛。基本に流れるものは、愛と信頼、不屈の精神です。

はまります!
イヨンエさんの演技もよいのですが、ハン尚君役のヤン・ミギョンさんが特に光っていたように感じました。彼女のような人が師匠なら立派な弟子がそだつのも分かります。ドラマは宮廷編ーチェジュ島編ー医女編と三部に構成できると思うのですが、三つともチャングムには苦難の連続ではらはらされっぱなしで観ていられない時もありましたが、当の本人、チャングムは常に前を見据えて目的を果たそうと努力を続ける。きっとだれもが彼女を応援したくなり、励みとなるでしょう。大変壮大な長編ドラマですがそれだけに深みがあり、チャングムから得るものが多いでしょう。日本でもチャングムのような良質なドラマを作成し、今度は逆に日本の文化なりを紹介できれば良い文化交流になるのではと思います。お薦めのドラマです。

役者が光っている
初めて見た韓国ドラマなので他はよく知りませんが、こんなにも俳優の演技がすばらしいと感じたドラマは今までありませんでした。
死に直面する王の母、葛藤するチャングムの父チョンス、つつましく情熱的なミョンイ、賢くけなげな幼きチャングム、チャングムを引き取ったカン・ドックとその妻の喜劇、謙虚そうだが狡猾なパンスル、その妹ソングム(チェ尚宮)の繊細で大胆な演技...。
チャングムは言うまでもなく、溢れんばかりの愛情を心に秘め、時には爆発させてしまうペギョン(ハン尚宮)、可愛らしくてたまらない食いしん坊のチャンイ、その愛情と聡明さで女官たち、いや見ている私たちの永遠の母たり得るチョン尚宮などなど。
最期のDVDでは王様が孤独と自分の内に沸き起こる切ない愛に向かって葛藤し、ついに自分の愛し方を発見する場面が見事に表現されています。
役者の名演技が見ている私たちを物語の中に引き入れ、ノーカットでない分生じるような不自然な点、同じシーンを別々の時間に撮ったのではないかというような、注意してみると「アレ?」と感じる点など、そんなことはどうでもよくなります。
このDVDを買う意義は、彼らのすばらしい肉声をともなった演技を目の当たりにすることができ、韓国語が分からなくても日本語字幕によって人生の様々な場面における教訓と感動を包み込んだ壮大な物語が理解できる、というところにあるのではないでしょうか。
それまで日本語吹き替え版しか見たことのなかった人はオリジナルとの違いに絶句するはずです。

アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org