王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe

トップページ > 日本ドラマ > 王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe

王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe

王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe
松本幸四郎
王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe
定価: ¥ 20,790
販売価格: ¥ 15,972
人気ランキング: 580位
おすすめ度:
発売日: 2003-09-03
発売元: ポニーキャニオン
発送可能時期: 通常3~4日以内に発送

1995年にフジテレビ系で放映された、三谷幸喜脚本による群衆ドラマ。落ちぶれたフレンチ・レストランを、かつてその店に勤めていたギャルソンが立て直す物語。
主人公である伝説のギャルソン・千石を演じる松本幸四郎は、「黄金の日々」以来のTVドラマ・レギュラー出演となるが、三谷のシナリオが彼のキャラを巧みに捉え、絶妙な存在感と味わいを見せる。とりわけ8話後半におけるシェフ・しずか(山口智子)との語らいは、秀逸な大人のラブ・シーンとして長く記憶に残るだろう。千石をとりまく登場人物たちも個性派ぞろいだが、強調しておきたいのは西村雅彦、白井晃、梶原善、伊藤俊人といった小劇場出身の俳優たちの活躍ぶりである。三谷シナリオのツボを心得た彼らの演技がこの群衆劇を成功に導いたと言ってもいい。そんな小劇団系俳優たちに混ざって、筒井道隆、山口智子、鈴木京香といった若手俳優、お笑い出身の田口浩正、地味ながら味のあるバイプレイヤー・小野武彦といった面々の個性が全面的に開花。第1話放映後、他局のドラマ関係者が「シナリオ、演出、俳優、すべてが完璧」と白旗を揚げたというエピソードも残る、まさしく伝説のTVドラマ。(斉藤守彦)
後世に残したい・・・というか来世に持っていきたいドラマ
レストランという空間を舞台に完璧な脚本と緩急自在な演出で魅了した群像劇。印象深い点を挙げればきりがありませんが・・・(敬称略)

  ・松本幸四郎の他の人に感じたことないような独特の存在感
  ・橋幸夫ファンの最高にチャーミングなシェフ山口智子(そのくせ、本人来店時ニセモノと断じる)
  ・山口と鈴木京香の対立と和解
  ・「愛人顔」から本当の笑顔を獲得する鈴木の演技
  ・ほとんどが空回りの筒井道隆のおとぼけ(「3つのW」などというとんちんかんな訓話のおかしさ)
  ・西村雅彦のインチキ臭さ(愛人鈴木に妻の妊娠を牛の妊娠とごまかす!)
  ・ワイン蔵の守り人白井晃の日本人離れしたキャラクター
  ・お調子者小野武彦のいい加減ぶり(元妻に総支配人と見栄を張り、みんなが一丸となり苦心して彼をフォローする回はおかしいやら感動するやら)
  ・梶原善の報われぬ恋と職人としての悩み
  ・苦虫を噛み潰したような表情が逆に愛くるしかった故・伊藤俊人さん
  ・一言一言吟味されたナレーションと森本レオの語り口
  ・レストラン紹介のBGMとしてすっかり定番となったほどの服部隆之の音楽
  ・平井堅の若々しい歌声

・・・・・などなど、あれこれ書き連ねましたが実はDVD買ってないのです。記憶を頼りに書きましたので5%ぐらい誤りが混じっているかも。ですが、10年以上も前のものでこれほど記憶にとどまっているドラマはなかなかありません。それだけで十分お勧めする根拠になるのではと勝手に判断して書かせていただきました。


名言のごとく「すばらしい!」
再放送ではじめて見たのですが、2〜最終までは、ビデオテープが擦り切れるほど、繰り返し見ていました。ただ、1話がどうしても気になり、どうしても見たくて購入しました。購入して、数ヶ月経ちますが、1〜最終まで、DVDが擦り切れるほど見てます。何度見ても心にグットくるものがあって…やっぱりすばらしい!

「素晴らしい」の名セリフどおり・・・
松本幸四郎の「素晴らしい」の名セリフや山口智子が、あっさりした性格の役でハマってました
脚本の内容も「素晴らしい」

アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org