ゴッドファーザー DVD-BOX

トップページ > 映画 > ゴッドファーザー DVD-BOX

ゴッドファーザー DVD-BOX

ゴッドファーザー DVD-BOX
マーロン・ブランド
ゴッドファーザー DVD-BOX
定価: ¥ 9,345
販売価格:
人気ランキング: 19054位
おすすめ度:
発売日: 2004-06-25
発売元: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発送可能時期:

その長い回り道の、時には輝いた映画人生をとおして、フランシス・フォード・コッポラは、数多くのすばらしい作品と欠点はあるが文句なくおもしろい作品、そしてコッポラがまったく見えないというだけでも観る価値のある一握りの失敗作を残している。それでも、やはりコッポラは映画『ゴッドファーザー』を監督した男である。これからもそうだろう。彼は自分が作ったシリーズに支配され、決定されている。この逆転写は、恐らくほかの監督には体験できないものだろう。コッポラは「ゴッドファーザー」を作りっ放しにしておけなかった。だから、15年後に戻ってきて2部作を3部作に作り替える。あるいは、初めの2作品を時系列的に編集し直してビデオ用映画の『ゴッドファーザー・サガ(伝説)』にするのである。

映画『ゴッドファーザー』は悪徳漢とその大家族と大組織の(本来ならば勧善懲悪の)物語、現代のシェイクスピア劇である。コッポラはあえてこの映画を叙事詩として、そして、ためらうことなく悲劇的に描いた。ここでは、殺人が立派なビジネスになっている。

第1作は、豪華な配役と構想において、ひときわ完成度の高い作品である。 マフィアの世界に入ったマイケル・コルレオーネ、父から譲られた権力、呵責(かしゃく)なき敵の殲滅(せんめつ)。そのすべてをコッポラは、観るものに息をのませる確信で語っているのだが、実はこれは序章にすぎなかった。2年後に、キューバ革命の間に権力と影響力を増大させていくマイケルと、貧しい移民居住区から身を起こした父の物語を重ねた映画『ゴッドファーザーPart2』が作られた。コッポラにとっては前より大きな賭けで、それだけに物語構成は念入りに練られた。そして最後の孤独の中の絶望は完全に報われたのである(自分の運命を見据えて、飢えたように突き進む切れ者で野心家のマイケルを、アル・パチーノがこれ以上ない見事さで演じ切っている)。

『ゴッドファーザーPart3』は金目当てだったと言う人もいる。しかし、これは価値ある終章である。テンポが緩いのではない。コッポラは枯淡(こたん)の辛抱強さと非情さで、償いをしようとするマイケルの周りに、過去の罪を降らせているのである。(Bruce Reid, Amazon.com)
不朽の名作!!
 星が五つまでしかないので五つ星にしていますが、気持ちとしては星を二百ほどあげたい映画です。そもそも、これほどの作品になると、もはや星の数などでは評価できません。映像のデジタル化が進み、半永久的に映像が保存できるようになった現在、『ゴッドファーザー』クラスの名画はこの先百年も二百年も残っていくことでしょう。
 絶対的な存在として君臨する、ゴッドファーザーことヴィト・コルレオーネ(マーロン・ブランド)から、アル・パチーノ演じるマイケル・コルレオーネがその権力の全てを受け継ぐまでを描いたPartⅠ。権力を受け継いだ二代目が、「ファミリー」という巨大な組織を取りまとめることの難しさに苦悩する様子と、偉大な先代が「ファミリー」を気付きあげるまでの様子を、互いに交錯させるような仕方で対照的に描いたPartⅡ。暴力、政治、金、宗教といった、ありとあらゆる権力が、運命という誰も逆らうことの出来ない絶対的な力に次々と屈していく様を描いたPartⅢ。
 これら三つの作品のどれを取っても名作であり、それぞれの作品のどのシーンを取ってみても名場面といえるでしょう。
 ゴッドファーザーのディープなファンの中には、PartⅢの存在について、それを名作と認めながらも首を傾げる人がいますが、私は個人的に、やはりゴッドファーザーはこのPartⅢがあっての『ゴッドファーザー』だと思います。それ以前のPartⅠ・PartⅡを、これ以上ないほど圧巻なラストへと集約していくPartⅢの存在意義は、一つの巨大な運命劇としての『ゴッドファーザー』シリーズの完成度を飛躍的にあげているという意味で極めて大きいと思うのです。
 そんな不朽の名作『ゴッドファーザー』三部作が、税込みで一万円を切る値段で買えるようになったということは、まさに奇跡です。
 とにかく名作!絶対に見るべき映画だと思います!!

映画の中の映画
ここでは何も言いません。言えません。
とにかくまだこの映画を見ていない人はまず自分の目で見て確かめて下さい。
この作品を見る前と後ではきっと映画の価値観が変わるはずです。

特典ディスクなしの廉価版。
先日、テレビで「ゴッドファーザー死去」のニュースが大々的にやっていました。

小学生の頃、ゴッドファーザーがテレビでやっていたときに
一度見たことがありましたが、難解すぎて全く理解できませんでした。
しかし、先のニュースで興味を持ち
購入することにしました。

‥ものすごく面白かった。

特に一作目を見たときの衝撃は、これからも忘れることはないでしょう。

抜けるような青空の下に存在する牧歌的風景。
うまく表現できませんが、映像が実際に呼吸をしているかのように感じます。
こののどかさと、マフィアという組織の持つ闇。
これらが驚異的なコントラストを演出し、作品の奥深さに深い彩を添えています。

そして、マイケル役を演じるアルパチーノの圧倒的存在感。
作中では最初冴えない役柄だったのが、ドンの後を継いだ後の変貌ぶりは
とても”演じ”ているようには感じません。
ドンが持つべき「飢え」、「切れ」、「存在感」‥
彼は”眼”ですべてを表現しています。

そして、最後の洗礼式における一幕。
まさに、2つの意味でゴッドファーザーとなるその一瞬。
戦慄が走ることでしょう。

この作品が名作である所以がこの年になって初めて理解できました。
まさに不朽の名作にふさわしい一作です。

最後に、このBOXの注意点を二つ。

●特典ディスクがない‥BOXなのでついているものだと思い購入しましたが、
 よくよく調べてみると特典ディスクつきの商品が別に存在していました。
 ”特典好き”の方は要注意です。値段を折り合いを見て検討されては?

●パート1ディスクは意外な場所に‥通常1枚目が収納されている場所のディスクを
 とりだして再生するとパート2が始まってしまいました。
 よくよく見るとチャプターリストの裏にパート1が隠れています。

アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org