めぞん一刻 DVD-BOX

トップページ > アニメ > めぞん一刻 DVD-BOX

めぞん一刻 DVD-BOX

めぞん一刻 DVD-BOX

めぞん一刻 DVD-BOX
定価: ¥ 100,800
販売価格: ¥ 90,720
人気ランキング: 7801位
おすすめ度:
発売日: 2005-06-29
発売元: ユニバーサルJ
発送可能時期: 通常4日間以内に発送

「うる星やつら」に続いて1986年から2年間放送された高橋留美子の代表作のTVアニメ作品。ボロアパート・一刻館で暮らす浪人生・五代勇作。一の瀬、四谷、朱美といった妙な住人に毎日勉強を邪魔されてアパートを去ろうとするが、ある日やってきた新しい管理人・音無響子に一目惚れ。だが、彼女は夫を亡くしたショックから完全に立ち直ってはいない未亡人だった。
浪人から大学生へと成長していく五代と、亡き夫の名を付けた犬と暮らす響子との関係を主軸に、個性豊かなキャラクターが織りなすラブコメディの傑作。前作「うる星やつら」とは異なり、極めて原作に忠実な映像化がなされており、原作ファンも安心して楽しめる仕上がり。大幅な脚色が施された実写映画版(石原真理子&石黒賢主演)と見比べてみるのも面白いかも。(田中 元)
原作もアニメも好き!
賛否両論ありますが、私はこのアニメが大好きです!
原作と比較すると、確かに気になる点は多々ありますが、それを
差し引いても全体的なクオリティは高いと思います。

特にストーリー終盤は作画と声優さんの力の入り具合が画面から
伝わってくるよう。アニメにしか表現できない良さがあると実感しています。
BGMやOP、EDソングも素敵でした。(特に村下孝蔵さんの歌がいい!)

いまだから
アニメが「オタク」と呼ばれる一部の人の独占物ではなかった時代、恋する人への愛とやさしさに満ちたこの作品が生まれました。連載終了から20年近く経た今でもラブコメの最高傑作の地位を揺るぎないものにしている原作とは異なり、他のレビュアーの方々が指摘されているとおり、スタッフの変更その他の理由でこのシリーズにはさまざまな問題点があります。わたしのまわりにも、作品の質の低下を嘆いてテレビ放送を見るのを止めてしまった人も少なくありませんでした。

しかし、全体を通してみた場合、アニメ史上これほど愛を深く表現したシリーズはあまりないと思います。恋をした人なら誰でもわかることですが、好きな人に振り向いて欲しくてがむしゃらになっている姿というのは、傍から見るとおかしなものです(だからこそラブコメという分野が成立するのですが・・・)。この作品の主要な登場人物はまさにそういう人たちばかりですが、作中彼らに向けられる視線のあたたかさを感じます。そのため、前述の問題点ゆえに苛立つことはありますが、最後まで見終わったとき、五代くんと響子さんの愛が成就することに他の作品ではまず得られない深く静謐な感動を味わえるはずです。

いまは「勝ち組」「負け組」という言葉がはやり言葉になるほど、人を経済力という表面的なことだけで評価するある意味嫌な時代になりましたが、この作品はそんな世相とは対極的なところにあります。人を愛することのすばらしさを教えてくれるこの作品を、一人でも多くの人にいまこんな時代だからこそ見てもらえたらと思います。

3人の監督のめぞん感。
TVアニメめぞん一刻は大きく3つの世界があります。

初代監督の1話~26話はとてもよかった。
五代君の妄想癖、響子さんのこずえと五代に対するやきもち。
そんな響子も三鷹さんとデートしたりしてるんですよね。
まわりのサブキャラも魅力的。点数をつけるなら97点!
(-3はあの一回きりのOP、ED)

さて2代目監督の27話~52話。これは原作を読んで
めぞんを毎週楽しみにしてた人にはキツイ時期でした。
少しの事をやけに深刻に描いたり、くだらないオリジナルをまぜたり・・
なんか五代と響子が全くの「他人」になってるんですよ。
点数は35点・・

三代目監督は八神を絡めながら、楽しく、原作のよさが演出
され、軌道修正。オリジナルも脚本がよく、素直に視聴できました。
最後の3ヶ月は素晴らしかった。感動をありがとう。
点数は80点かな・・(作画が乱れている時期があったため)

・・・とうわけで二年間の放送内容はまさに「劇的」でした。
キャストに関しては「ミスキャストなし!」、林原めぐみさんの
デビュー作でもあります。

ちょっとスタッフの方々には失礼だった感想ですが、僕の本音です。
ちなみに僕もこのDVD-BOX買いました。
アニメ見る前に、原作を読んでもらいたいです。名作ですから☆   

アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org