女王の教室 DVD-BOX

トップページ > 日本ドラマ > 女王の教室 DVD-BOX

女王の教室 DVD-BOX

女王の教室 DVD-BOX
天海祐希
女王の教室 DVD-BOX
定価: ¥ 19,110
販売価格: ¥ 14,945
人気ランキング: 9752位
おすすめ度:
発売日: 2005-12-21
発売元: バップ
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

教室に君臨する冷酷かつ独裁的な鬼教師に戦いを挑む子供たちの慄きと成長を描いた異色の学園ドラマ。期待に胸膨らませて6年生に進級した神田和美(志田未来)はクラス替えで6年3組になった。担任は2年間現場から離れていたという新任の阿久津真矢(天海祐希)らしいが、真矢の姿は始業式にない。ついに教室に現れた真矢は名簿の名前を読み上げることもなく、いきなり全員にテストを強いる。そのテストで実力を発揮できずに最下位になってしまった和美は、代表委員とは名ばかりのありとあらゆる雑用係をやらされることに。これが6年3組24名にとっての、小学校生活最後の地獄のような1年間の始まりだった。
社会的敗者は差別と不公平に苦しみ、逆に勝者はいろいろな特権を得て豊かな人生を送ることが出来る、といった真っ当極まりない現実社会の不公平、厳しさを説く阿久津真矢の発言は随所に的を射ており、その言葉の一つ一つには奇妙なほどの説得力がある。そんな痛いほどの正論を吐く真矢の強烈な存在感こそが、このドラマを支配する独特のトーンそのものだ。黒づくめの衣裳に身を包み、生徒たちを成績で差別し、従わないものには体罰を与える、社会の不合理そのもののような教師像を怪演する天海祐希が圧巻。その完全無欠ぶりに最初はケレンも感じるが、子供たちの前に大いなる壁として立ちはだかる真矢そのものが生きていくことの示唆のようにも次第に思えてきて、独特の感慨を与えてくれる。エンディングロールも一工夫あって面白い。好き嫌いを超えて圧倒させられるドラマである。(麻生結一)
今までにない内容
初めの印象は本当に今までにない内容といった感じだが、回を重ねるごとに、このドラマの奥の深さにはまっていく。特典Diskもぜひ1度は見る価値があると思う。既にドラマを見た人は本編以外に特典Diskも含め何度みても楽しくもあり、色々と考えさせられる内容ではないかと思う。

大人の喜ぶ教育ドラマ
 強さを教えていく事は生き方を教えていることじゃない。近頃の社会の中で大人は子供に強さを教えたがっている。大人の枠に子供を当てはめたがっている。その象徴が、明らかに子供達ではなく番組スタッフが作った卒業制作ではないだろうか。

多感な子供の教育指標のひとつとして
このドラマの子供たちの設定が、公立小学校6年生というのがミソ。
子供から大人への多感な子供の生活環境、親子関係、友達関係、社会状況等を織り込みながら、本当の教育とは何か?を我々に問いかけてくる。
この真矢先生は、生徒に限りない愛情をもちつつも敢えて自分が大きな壁になって立ち塞がり、様々な問題を人に頼らず自分の力で解決する逞しさを育てていく姿に感動を禁じえない・
人からどう思われようと。何と云われようと自分の教育への信念を貫き通す真矢先生の姿は、世の教師・親に問題提起をしているようである。
真矢先生が如何にして敢えて鬼教師として生徒に厳しい教育を施すようになったかは「女王の教室SP」をみれば納得がいく。

問題のある生徒、問題を起こしそうな生徒、いじめにあっている生徒、家庭に問題のある生徒等には、四六時中見張りいざというときは颯爽と救いの手を差し伸べる実に格好に良い先生である。
今時こんな先生いるのかな...
ついでに生徒たちの家庭問題まで解決してしまうとは...
それを表に現さず、あえて悪役に徹するその姿。

悪魔のような鬼教師なんてとんでもない!この先生は天使だ!!

カリキュラムの消化のみで、いじめにあっている生徒に見てみぬ振りをしている現代の教師に対する警告であるように思う。

最後に真矢先生の本当の気持ちを理解した生徒たちの、卒業式での別れの場面には涙が止まらない。
神田和美に「アロハ(愛しています)」と云われた真矢先生の溢れんばかりの笑顔!
教師としての幸福を再認識した表情にも涙が止まらなかった。

世の親・教師・少年育成に関わる人々に是非見て貰いたい大傑作である!!

アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org