劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX

トップページ > アニメ > 劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX

劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX

劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX

劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX
定価: ¥ 8,925
販売価格: ¥ 4,463
人気ランキング: 305位
おすすめ度:
発売日: 2006-01-25
発売元: アニプレックス
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

TVアニメ版の「鋼の錬金術師」は、荒川弘の原作から大きく方向を変え、主人公の兄弟エドとアルが“扉のこちら側”と“向こう側(=我々にとっての現実世界)”に離ればなれになるという衝撃的なシーンで幕を閉じた。それから2年後が描かれるのがこの劇場版だ。
ナチスが勢力を伸ばしつつある1923年のドイツというあまりにシビアかつシリアスな舞台設定が、“錬金術”という題材を扱ったこの破天荒な物語にいい作用を及ぼしたかどうかは、評価が分かれるところだろう。とはいえ、エドやアルはもちろん、ウィンリィやロイ・マスタング、その元部下たちといった魅力的な登場人物の“その後”を見られるのは単純に楽しいし、ヒューズやキング・ブラッドレイら、TVシリーズ中で絶命した者たちが“別キャラ”として登場するのも、パラレルワールドものならではの面白さ。映像についても、申し分のない大迫力シーンが目白押しで、TVシリーズのファンなら見て損はないと言えるだろう。(剛吉若寸也)
特典は…
本編は何度か見ないとわかりにくいところはありますが、
出来は良かったように思います。
原作とは全く違う方向にいったアニメとしての完結版としては、
あの終り方でもまあ良かったのではと。

今回DVD化にあたって期待していたのは、
映画(劇場公開)時において端折ったストーリー(シナリオブックにあった話)が特典で一部分でも映像化してくれるかも、ということでした。
よく洋画や邦画であるディレクターズ版カットとかいうような。
それが本編をタダ対談しながら振り返るだけ。
しかも1回だけならまだしもスタッフ版と声優版の2回もあって正直うんざり…します。
間違っても特典DISCから見ないようにしましょう。
というより、純粋に作品だけをと言う方には通常版がおススメです。





素敵だと思います
このDVDは私ももちろん購入いたしましたが、仕様も豪華で素敵な作りになっているし、オシャレだと思いました。映画も素敵ですが、やっぱり特典付きという所がいいと思います!映画だけで十分という方は通常版でいいかと…思います。
あと解説ブックも付いているので内容を深く知りたい方にはオススメです!

難しい作品
この作品を見る前に、TVで放送された作品を見てほしい。
劇場版だけ見ても、分かりづらいからである。
内容も多少難しい作品ではあるが、できは良いと思う。

アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org