ファイティングガール BOXセット

トップページ > 日本ドラマ > ファイティングガール BOXセット

ファイティングガール BOXセット

ファイティングガール BOXセット
深田恭子
ファイティングガール BOXセット
定価: ¥ 23,940
販売価格: ¥ 21,546
人気ランキング: 8148位
おすすめ度:
発売日: 2001-12-19
発売元: ポニーキャニオン
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

国籍の違う2人の女の子が、世間の不合理と真っ向からぶつかっていくことで、傷つきながらも自分自身を発見していく過程を描いた青春ドラマの傑作。気に入らないことがあるとつい手が先に出てしまう小夜子(深田恭子)は、ふとしたきっかけから独立心旺盛な韓国人留学生・亜美(ユンソナ)とリメイクTシャツの店をはじめることになる。当初はあまりの価値観の食い違いにどまどうも、いつしかお互いにかけがえのない存在になっていくのだった…。
離合集散の展開は、脚本家・神山由美子の真骨頂。個性的な各キャラクターに注がれる眼差しは、厳しくもたまならく温かい。ダイアローグは生き生きとして、モノローグは詩情にあふれており、台詞のうまさは絶品と言うしかない。深田恭子がこれまでのイメージを覆す、男勝りの肉体派19歳を力演。繰り返し見るたびに新たな発見がある素晴らしい作品である。(麻生結一)
よかった
仕事や恋や友達の悩みがすごくよくわかった。
これで深田恭子が好きになった。坂口憲二のファンになった。

独りであることへの鋭い自覚
 これは今から3年前の夏、7月から9月にかけてフジテレビで放送されたドラマだ。映画、テレビを問わず、僕はこれほど素晴らしいドラマをほかに知らない。
 このドラマについて短く語ろうとすること自体、とても無理のあることなのだが、強いて言えば、友情を扱ったドラマということになる。
「友情?」と問い返す人がいるかも知れない。そんなありきたりなものを扱ったドラマが本当におもしろいのかと。しかし、考えてみてほしい。大抵の場合、ドラマとは友情や愛情を描こうとするものだ。だから、正しくはこう問わなくてはならない。
「あらゆるドラマが友情という同じモチーフを描こうとするのに、なぜおもしろいものとそうでないものとに分かれてしまうのか」と。
 答えはこうだ。ー「独りであることにどれだけ自覚的であるか」ー
 ムラ的共同体では友情がないと言われるのは、友情が存在するためには、実は「個人」が前提になるからだ。世間が幅を利かせるムラ的社会では、人は孤立を恐れて個人たり得ない。
 しかし、このドラマで深田恭子が演じる吉田小夜子は世間に自分を合わせたりしない。自分が考え、思うところを貫こうとするがゆえに、小夜子はとても孤独だ。しかし、そのように世間と衝突し、自分がまさしく独りであることを自覚したとき、何かが反転するかのように、他人との出会いが、俄然、意味のあるものとして重みを持ちはじめるのだ。小夜子にとって一人の他人でしかなかった留学生アミが、たしかに友と呼びうる存在に変化していく様子を鮮やかに描いてみせる脚本家の神山由美子は紛れもない天才だと思う。そして、同じことを神山由美子は他のドラマでも繰り返し、繰り返し描いている。

アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org