ガッコの先生 BOXセット (限定版)

トップページ > 海外ドラマ > ガッコの先生 BOXセット (限定版)

ガッコの先生 BOXセット (限定版)

ガッコの先生 BOXセット (限定版)
堂本剛
ガッコの先生 BOXセット (限定版)
定価: ¥ 23,940
販売価格: ¥ 21,546
人気ランキング: 16482位
おすすめ度:
発売日: 2002-03-06
発売元: ポニーキャニオン
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

堂本剛がはじめて先生役に挑んだ話題作。桜木仙太郎(堂本剛)は産休代用教師として、東京の小学校に赴任するために大阪から上京してきた。早速、下宿先のラーメン屋を訪れる仙太郎だったが、店主(いかりや長介)の娘・素子(竹内結子)もまた、同じ学校の教師だった…。
熱血漢の仙太郎、子どもたちとの関係にクールなスタンスを保とうとする現実主義者の素子、そしてマザコンで気が弱く、子どもたちに恐怖感を抱いている敦(田中直樹)の三者三様のいまどきの教師像に注目したい。ただ、使い古されたテーマの焼き直し的なエピソードが多いのは新味に欠けるところ。意外にも、堂本剛がネイティヴとしての関西弁を使ったはじめてのドラマでもある。(麻生結一)
子供を子ども扱いしないで
大阪から産休教師として上京した桜木先生(堂本)が朝倉先生(竹内)の実家であるラーメン屋ゴクウに下宿するところからドラマが始まる。そういう意味では堂本と竹内の恋愛ドラマなのだが、いわゆる濡れ場は一切ない。毎回夫婦漫才よろしく堂本と竹内の掛け合いが楽しい。竹内が出演するドラマは数多くあるが、このドラマは竹内のいい意味で素の魅力にあふれている気がする。最終回で竹内が「告る」ことでお互いの気持ちを確認するが、一人前になったら戻ってくることを約束して堂本は大阪に帰る。いかにも続編を匂わせる終わり方だった(ぜひ続編をやってほしい)。

一方の主役である子供たちのが各回なにか騒ぎを起こしてくれる。「子供には子供のルールがあり、それを破ってはいけない」という堂本のせりふがあるが、まさにそのとおりである。子供にもそれぞれ人格があり、子供だからと馬鹿にできない。真摯に対応する堂本に次第に子供たちは信頼を深めていく。最終回は子供たちの仰げば尊しに泣かされる。また最後の全員での見送りも感動する。自分の小学生のころを考えるといかりやのせりふにあるように「先生はもっと上の存在だった」が今の小学生にとっては友達感覚なのかと思ったりするが、堂本のように児童に一生懸命の先生がいい先生であることは違いはない。

自分もいい先生に見守られて今あることを考えると、このドラマも感慨ひとしおである。笑って泣けるガッコドラマの傑作である。

こんな先生いたらいいな~!!
このドラマは、桜木仙太郎(堂本剛)が休んでいる先生の代わりに小学校に来るという内容で最終回が凄く感動したのでもしよかったら見て下さい。

こんな先生いたらいいな~!!
このドラマは、桜木仙太郎(堂本剛)が休んでいる先生の代わりに小学校に来るという内容で最終回が凄く感動したのでもしよかったら見て下さい。

アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org