鉄人28号 スペシャルBOX (初回限定生産)

トップページ > アニメ > 鉄人28号 スペシャルBOX (初回限定生産)

鉄人28号 スペシャルBOX (初回限定生産)

鉄人28号 スペシャルBOX (初回限定生産)
池松壮亮
鉄人28号 スペシャルBOX (初回限定生産)
定価: ¥ 6,279
販売価格:
人気ランキング: 9907位
おすすめ度:
発売日: 2005-11-25
発売元: ジェネオン エンタテインメント
発送可能時期:

横山光輝の同名名作漫画を『ごめん』などの俊英・冨樫森監督のメガホンで映画化したSFロボットアクション映画。小学6年生の金田正太郎(池松壮亮)は幼いときに科学者の父(安部寛)を亡くし、母(薬師丸ひろ子)と二人暮し。そんなある日、東京を黒いロボット、ブラックオックスが襲い、母は負傷。正太郎は祖父と父が開発していたロボット鉄人28号の操縦を託されることになるが……。
舞台設定を原作の昭和30年代から現代へ移行させたことに幾分無理も感じられるが、そんなリスクを覚悟で冨樫監督は今のゲーム世代に向けた空想科学特撮映画として本作を成立させている。青空に徹底的にこだわった特撮も、少年の成長物語を巧みにバックアップ。昭和の雰囲気を濃密にすべく背景などにも腐心しており、懐かしきモノクロアニメ版の主題歌(2004年TVアニメ版とも同一)もエンディングに流れ、ノスタルジックな情緒にもぬかりはない。(増當竜也)
敷島博士が出ないのが残念。
確かに鉄人とオックスのCGはショボイく巨大ロボのアクションを期待して見ると失望するでしょうが
原作の雰囲気を壊さずに鉄人を通した正太郎君の成長記録として見ると (実際映画の後半では随分と大人びているのがよく分る)
脇役陣の好演もあって中々に楽しめる映画です。
「平成の大村千吉」ことHYさんも出演しています。
見終わった後にPS2のゲーム「鉄人28号」で遊ぶのもまた乙なものです。


アマゾン.orgTOPページへ   ▲ 画面上へ

This website is powered by アマゾン.org